全顎治療への道 補綴前処置としての矯正治療セミナー

全顎治療への道 補綴前処置としての矯正治療

こんな時どうする? 残根・病的な歯の移動
どうしたら長持ちするの? 補綴の前に考慮するべき事

我々の日常臨床において、補綴物除去後にみられる歯肉縁下のう蝕、歯周病の進行による前歯のフレアーアウトや、歯の喪失に伴う近心傾斜、欠損による対合歯の挺出などによって、適正な歯冠形態の回復が困難となる場面には、よく遭遇するのではないだろうか?そして、全顎的治療の経験が少ない先生方にとっては、どのようにそれを診断し、どのような治療選択が適正なのか、また病的歯牙移動などの状況にどのように対処すれば良いか悩む場面が多いのではないだろうか?さらに全顎的な咬合再構成が必要な場合、全顎的な歯列のアライメントが必要になることもあるが、実際にどのように手をつければ良いかわからない先生方も多い思う。
そこで本セミナーでは、日常臨床でよく遭遇する、全顎的な治療が必要な症例を例に、その診断や、補綴前処置としての残根保存のための矯正的挺出、アンカースクリューを使用した歯の移動、簡単な全顎的なアライメントのための矯正治療の実際の手技、勘所について実習をメインに習得していただきたい。

セミナー内容

1日目

  • 顎口腔系を長期維持安定させるために
  • 診査診断のための資料採取
  • 治療計画の立案
  • なぜ補綴前矯正が必要なのか、行うことのメリット
    • カリエスによる歯冠崩壊症例のワークショップ
    • 矯正的挺出症例[講義]
    • 残根の矯正的挺出[実習] ワイヤーベンディングと装置装着
  • 2日目

    • TAD を用いた歯の移動[講義]
      • 欠損放置後の近心傾斜歯のアップライト[実習]
      • 欠損放置後の挺出対合歯の圧下[実習]
    • 必ず上達! 矯正臨床より 総合的治療の中の矯正治療の応用
    • 何を目的として矯正治療を応用するのか
      • ペリオによる病的な歯の移動症例のワークショップ
      • 前歯部フレアーアウト症例[講義]
      • レベリング[実習]
      • 前歯部クラウディング症例[講義]
      • レベリング[実習]
      • 臼歯部クラウディング症例[講義]
      • レベリング[実習]
    • まとめ

    会場地図:フォレスト歯科・研修ルーム

    ○浜東北線「王子駅(北口)」より徒歩2分
    ※会場変更いたしました。

    講師紹介

    中島 稔博 先生

    なかしま歯科クリニック院長
    日本顎咬合学会指導医
    日本歯周病学会会員
    日本臨床歯周病学会認定医
    日本包括歯科臨床学会会員
    Osseointegration Study Club of Japan 正会員
    日本審美歯科協会会員

    森田 憲司 先生

    フォレスト歯科矯正歯科院長
    日本顎咬合学会認定医
    日本臨床歯周病学会会員
    日本補綴歯科学会会員
    日本口腔インプラント学会会員
    日本審美歯科協会会員

    講師・演者 中島稔博 森田憲司
    開催日 2019年11月30日(土)14:00~19:00 12月1日(日)9:30~16:30
    会場 フォレスト歯科・研修ルーム
    会場住所 東京都北区岸町1-2-13 フォレスト歯科3F
    受講費・参加費 98,000円(豚下顎代・材料費・昼食・懇親会費・税込)
    定員 20名
    申込み 【簡単】申込みフォーム 申込みフォーム FAX申込み用紙をダウンロード FAX用紙
    主催
    問合せ先 歯科セミナードットコム事務局(株式会社歯医キング内)
    URL d-seminar.com/
    TEL 047-409-3090
    ご利用に際して 当サイト掲載のセミナー講演会等のお申込みに関しまして、ご利用者自身の責任の上でお願い致します。詳しくは利用規約をご覧ください。
    尚、主催者からのご連絡が1週間以上ない場合は、直接主催者へお問合せください。

    お申込み後、こちらのボタンより受講費のお支払いをお願いいたします。

全顎治療への道 補綴前処置としての矯正治療