乳幼児期からの口腔機能育成(学際デンタルセミナー)

乳幼児期からの口腔機能育成(学際デンタルセミナー)

全身・口腔の状態から見た離乳食の進め方

  1. 乳幼児の正常な発育について
    • 全身発達、口腔の発育、感覚統合の視点から正常を知って異常を見つける!
  2. 乳児期の口腔機能育成について
    • 授乳期で、観察すること・アドバイスの内容など
  3. 離乳食期:口腔内の発育を踏まえた離乳食の進め方
    • ごっくん期、口唇食べ期、舌食べ期、歯ぐき食べ期、歯食べ期における指導のポイント
  4. 乳児食期:口腔機能を育成する食育の考え方
    • 口腔機能を育成する基礎をつくるための最終段階の時期での指導ポイント
  5. 診療室での指導について
    • 問診内容、観察ポイント、記録の取り方、指導の仕方など

 口腔機能は、一般に哺乳開始時から始まり乳歯が萌出することで目覚ましく発達していきます。しかし、心身の発達に個人差があるのと同様に歯の萌出状態にも個人差があり、その差は近年さらに広がっていきます。
そのことを考慮すると今までの様に単純に月齢で離乳食を進めて行くことに問題はないでしょうか?
 例えば、心身に発達障害が無くても歯牙の萌出が遅い子供達は多く存在します。その子供達が不適切な食育指導により様々な障害を発生してしまう可能性があります。具体的には、うまく咬めない、飲み込めないことから十分な栄養が摂取できない、偏食になるなどの弊害が予想されます。また、口唇力や舌の正しい動きが養われない、丸呑みの癖がつく、異常嚥下癖を惹起させるなど様々な問題も生じてきます。それらは、舌癖や口腔周囲筋の機能不全を引き起こし、構音障害、摂食異常さらには歯列・顎発育不全、口呼吸への移行などへとつながっていくことが考えられます。そしてこれらの口腔機能障害は、小児期だけでなく成人期のQOLの低下を引き起こし、さらには老齢期のオーラルフレイルを加速させ、誤嚥性肺炎のように生命予後にも関わるような悪影響を及ぼすことも容易に想像できます。
 一方で、小児期に口腔機能、顎形態を正常の基準まで育てておけば、成人期以降のQOLの向上に大きく貢献すると思われます。そこで我々歯科医師は、健全な口腔機能の育成が、乳幼児期から始まっていることを再認識し、口腔内の状況や全身の発達状態も加味した食育の必要性を発信していくことが大切であると考えます。そのような視点で、明日からの臨床に役立てていただけるよう臨床経験をもとにお話ししたいと思います。

講師・演者 外木徳子
開催日 2021年6月20日(日)10:00~16:00
会場 駐健保会館 4F 大会議室
会場住所 東京都港区芝3-41-8
受講費・参加費 一般歯科医師 35,000円(税別)(テキスト代含む)
歯科衛生士・歯科助手 15,000円(税別)(テキスト代含む)
定員 --
申込み 【簡単】申込みフォーム 申込みフォーム
主催
問合せ先 学際企画株式会社
URL www.gakusai.co.jp/
TEL 03-3981-7281
ご利用に際して 当サイト掲載のセミナー講演会等のお申込みに関しまして、ご利用者自身の責任の上でお願い致します。詳しくは利用規約をご覧ください。
尚、主催者からのご連絡が1週間以上ない場合は、直接主催者へお問合せください。




乳幼児期からの口腔機能育成(学際デンタルセミナー)